久しぶりに為替レートを見てみたら、円安ウォン高が続いてますね。ありゃ〜。今年はこのまま推移していくんでしょうかねぇ。

さて、まだかろうじて円高ウォン安を保っていた2015年10月、2泊3日で韓国の全羅北道へ行きました。とあるツアーに参加して、郡山市、全州市、金堤市と3つの市を回ってきました。今日はその旅の思い出をお届けします

2015korea01

いつもの通り、中部国際空港セントレアから仁川空港に出発です。大好きな空の旅にドキドキわくわく。離陸する瞬間が一番好きです。

2015korea02

これまたいつものアシアナ航空で。機内食はお馴染みのサンドウィッチ。
仁川空港に到着後は、ツアーのマイクロバスで郡山(グンサン)に移動しました。4時間くらいかかり、すっごく疲れた記憶が…。でも、途中のドライブインで食べたホットク(호떡)が甘くてモチモチでとっても美味しかったから、それはそれで良かったです

2015korea03

夕食は、ツアーで連れて行かれたハニロッ / 한일옥という食堂の牛肉と大根のスープ(소고기무국 / ソゴギムグッ)を食べました。ここのお店の一番人気だそうです。なるほど、あっさりしているけど牛肉の旨味がしっかり出ていて、とっても美味しい!もやしのナムルやカクテキもいい味でした。また食べたいなぁ。

食後はまたバスでホテルに移動。泊まったホテルはベキニアホテル郡山です。時々ビミョ〜に名前変えてるみたいだから、今はもう違う名前かもしれませんが…。色々と衝撃的なホテルでした。あまりの有様に、今もあの時のことをありありと思い出せるほど。

まず、部屋に入るなりテレビのフレームに積もった埃にギョッΣ( ̄ロ ̄|||)

オソウジシテナイノ?

部屋を見回すと、これまた埃まみれのカーテンレールに破れたカーテンがぶら下がってる。ああ、カーテンレールが壊れてて、一部しかカーテンをつけられないんですね…。それよりさっきから隙間風がビュービュー入ってくるんですけど…。って、サッシの上の方が割れてるー!Σヾ( ̄0 ̄;ノ

…ええと、ここはドラキュラ伯爵の館か何かでしょうか?

うわぁとなりつつも、「ここは韓国。こんなこともあるよね」と自分を納得させ、お風呂に入って早々に寝ることにしました。そんな私が次に目にしたのは、バスルームの床一面に広がる

髪の毛

8畳近くありそうなほど広いスペースにトイレと浴槽があったのですが、その床一面が髪の毛だらけなのです。

もしかしてこれホラーなの?ねえそうなの?(´;ω;`)

泣きながら目につく範囲の髪の毛を処理しましたよ、えぇ。ティッシュで拾いましたとも。本気で気持ち悪かったです。でも、これはまだ濡れてなかったからマシでした。それから浴槽にお湯をためて、やっとお風呂ー!と喜んだのも束の間、湯船を見てまた衝撃。

お湯が黄色い…。茶色でなくて黄色い…。
一体何が混ざってるの…?
もうイヤだよ、帰りたいよパトラッシュ・゚・(ノД`;)・゚・

こんな湯に浸かれるかー!と怒り狂って浴槽の栓を抜いたら、今度は浴槽とは違うところからゴボァッゴボァッと不審な音がする。ななななんの音!?

床の排水口からお湯と髪の毛が逆流してる音です(・∀・)bチーン

みるみるうちに床が水浸しに。そして髪の毛だらけに…。そっか、これが髪の毛だらけのトリックかぁ。水が引いて床が乾くと髪の毛だけが残るっていうね。

って納得できるかー!きもいよぉぉぉぉぉ!!!!!
先生、これをホラーと呼ばずしてなんと呼べばいいですか?(T_T)

もう何がどうなってこんなことになってるのか…。次々と起こる怪現象に怒る気力も尽き果てて、よろよろとベッドに倒れこみました。が、ここでまた更なる衝撃が。通常は部屋を真っ暗にして就寝するのですが、ここではさすがに暗闇にする気が起こらず、サイドテーブルのランプ型ライトを点けて眠ることにしたのです。ところが、何度スイッチを入れても電気が点かない。んんん?上からライトを覗いてみたら

電球が半分に割れとる( ゚д゚)

ほら、映画やドラマで、ビール瓶をガシャーンと割って「刺したるぞー」とか言って相手を脅すシーンあるじゃないですか。その時のビール瓶みたいな形になってたんです、電球が。で、ソケットにはちゃんと刺さってるの。一体どんな状況で電球がこんなことになったんだ。そしてホテルはなぜこれを放置してるんだぁぁぁぁ。

しかも、よく見るとサイドテーブルの真ん中(時計や照明スイッチのある部分)が空っぽ!配線だけ剥き出しになっていて、明らかに機械だけ抜き取られていました。しかもしかも、空になった部分は埃だらけかと思いきや、あれ?意外と綺麗に掃除してある。

え、なんでここだけwww
爆笑。

もう、掃除するポイントがわけわかりません。面白すぎます。

翌日、他のツアー参加者に聞いたところによると、他の部屋ではシャワーが冷水しか出なかったり、逆に熱湯しか出なかったり散々だったよう。洗髪中にシャワーが止まって、シャワーが復旧する朝までそのままだった人もいたようです。ひえぇ。まともな部屋はないのかw

さて気を取り直して、2日目の観光先は全州(チョンジュ)の全州韓屋村です。
またツアーのマイクロバスで移動しました。
全州韓屋村
朝鮮王朝発祥の地で1200年以上もの歴史がある都市、全州。その全州に、約700余軒の韓国伝統家屋が集落を成しているのが全州韓屋村。
2015korea04

韓国の伝統家屋が立ち並びます。
チマチョゴリのレンタル貸衣装屋さんが何軒かありました。30分15,000ウォンくらいが相場のようでした。当時は韓国語オンリーのお店が多かったです。

2015korea05

ガチャガチャ式の干支おみくじ。1回500ウォン。
引いたけど中身読めなかった(笑)

2015korea06

お昼に食べた、조선옥(チョソノッ)という食堂の全州ピビンバ。めちゃめちゃ美味しかった!それまでに食べた中で一番美味しいピビンバでした。お店は、ゲストハウス展望(チョンマン / 전망)の入っているビルの1階にあります。

全州韓屋村は、時々キョーレツな牛舎の臭いがするのがチョット…でしたが、とっても雰囲気のある伝統茶のお店や雑貨屋さんもあって、歩いてるだけで楽しかったです。何時間いても飽きなさそう。もっとじっくり見て回りたかったです。また行きたいなぁ。全州ピビンバまた食べたいよ〜〜〜

2015korea07

全州の後は金堤(キムジェ)に移動して、地平線祭りを見学。
金堤地平線祭り(キムジェジピョンソンチュッチェ)
韓国で最も大きい穀倉地帯である湖南平野の中心地「碧骨堤(ピョッコルチェ)」で開かれる、韓民族の農業文化と、空と大地が出会う黄金の地平線の秘境をテーマとしたお祭りで、1999年から毎年9月末~10月初旬に開催されています。黄金に輝く地平線の美しさと、躍動的で楽しいプログラムを全身で楽しめる伝統農業文化体験祭りです。
夕食は屋台で食べ歩き〜♪
…の予定だったのですが、突然の豪雨のため会場に入ってすぐ帰ることになりました。美味しいおでんがあると聞いていたので楽しみだったのですが。残念。

因みに夕食は、ホテルに戻る途中で立ち寄ったコンビニで買うことになったのですが、菓子パンばかりで食べたい物がなく、迷っているうちに集合時間となり食べ損ねてしまいました。トホホ

2015korea08

翌日は帰国のみ。帰りもアシアナ。機内食はチーズ&フィッシュバーガーでした。美味しかった♪

ホテルは怪ホテルだし豪雨に遭うし夕食は食べ損ねるしーで一見散々な目に遭っているようですが、総合的にとっても楽しかったです。群山と全州のご飯が美味しすぎて、それだけでもう十分!本当にまた行きたいです

それから、この旅行を経て逞しくなったというか、順応性が育ったように思います。だって、2日目の晩は怪現象に慣れちゃってましたから。とりあえずシャワー使えるからいいやーって感じで。でも泊まるのは2度とごめんですけどね(笑)

怪ホテルについて書きすぎて、思いのほか長くなってしまいました
最後まで読んでくださりありがとうございました


★2つのブログランキングに参加しています。
よかったら応援クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ